人気のコスプレウィッグを一挙ご紹介!

コスプレウィッグは専用のブラシがある?

公開日:2020/01/01  最終更新日:2020/02/28
    

コスプレウィッグは、細い髪質のデザインが多く、人毛でも人工毛でも静電気によって髪が絡まってしまう問題が発生しがちです。こんなときの対処や、ヘアセットなどにはブラシが必要になりますが、専用のモノがあるのかも調べてみましょう。

専用として提供されている用品がある

ショート、ロング問わず、キャラクターに合わせてコスプレウィッグをカットしたりカラーリングすることがあります。ただ、アレンジがしやすいものであるのかは、人工毛か人毛かでも変わりますし、コスプレウィッグを長持ちさせるためには、お手入れをかかさないことも大切です。

耐熱性でドライヤーも可能で、なおかつスーパーロングならば、風によって髪の毛が絡んでしまいかねません。お値段が高ければ、毛質もよく、艶感も持続しますが、物によっては静電気が発生しやすく、絡まりが取れなくなることもあるようです。

取扱店では、コスプレウィッグ以外の関連用品も取り揃えられています。例えば、スタイリングに必要となるヘアネット・ヘアピン・ゴムなどもあります。被ることができたら、ブラシで整えるだけです。

ここで気になるのは、専用のブラシがあるかどうかでしょう。もちろん、取扱店では専用ブラシとして提供していますが、コスプレウィッグのみならず、地髪に使用ができます。何よりも、細い髪の毛ですから、静電気を抑制してまとまりやすくするブラシでなければなりません。専用のスプレーも販売されているので、一緒に購入しておけば安心でしょう。

静電気をしっかり防ぐことができるタイプ

ロングやスーパーロングは長さがある分、髪の毛も絡まりやすくなります。ちなみに、応急処置をする場合、シリコン配合の専用スプレーをかけ、コームでブラッシングが最適です。

きめが細かいタイプより粗目のタイプの方がスムーズにとかすことができるのでおすすめです。もちろん、取扱店ではコームとブラシのいいとこ取りをしたタイプも提供しています。あまり強い力でおこなわないで済むように、グリップ部分も握りやすくなっていたり、ヘアネットを傷つけない構造になっているタイプもあります。

特に、ロングやスーパーロングの静電気の問題を解決できるのが、ステンレス鋼除電繊維が使用された機能性のあるタイプです。ブラッシングのときの静電気を取り除くため、絡まることもなく傷めないので、ヘアセットもしやすいでしょう。

いろんな機能性の高い種類が提供されている

コスプレウィッグの種類によってブラシを使い分けるのもありでしょう。例えば、毛先1つ1つが球状のピンになったタイプは、ヘアネットを傷つけない点がウリでしょう。また、短い長いという組み合わせのピン打ちによって、短い毛も逃さずにキャッチして、しっかりとかすことができます。ウルフベースなど、ふかしが多いスタイルにも最適ではないでしょうか。

他には、逆毛を立てたり、ボリュームアップヘアにしたり、そうした目の細かい専用ブラシもありますし、グリップ部分がコーミングしやすいように細めになっており、とかして、すくって、取り分けることができるタイプもあります。

ピンの部分がソフトで弾力性があるタイプならば、被ってからとかす場合にも、地肌を傷つけないことにもなりますから、そうした機能性で選びましょう。価格も物によっては500円~という求めやすい価格です。

 

コスプレをする際、髪型もポイントになり、今はコスプレウィッグが人気です。そのため、お手入れ方法や、必要な用品を購入しておくことも必要です。

特に、髪の毛をセットしたり、洗ったり、乾かしたりするタイミングで使うのが、ブラシです。専用となるタイプも取扱店で提供されていますが、もちろん、専用ではありますが、自分の髪にも使えないワケではありません。ただ、コスプレウィッグの特性を理解しているだけあって、こうした機能性で選ぶのがいいでしょう。