人気のコスプレウィッグを独自のランキング!

コスプレウィッグが浮いてしまう原因と対策とは

    


コスプレの最後の仕上げと言えば、キャラクターに合わせたコスプレウィッグですよね。
コスプレの完成度をより本物に近づける切り札でもあります。
しかし、ウィッグが浮いて頭が大きく見えたり、不自然に見えると悩んでいる人も多いようです。
そこで、せっかくのウィッグを適切に装着できるよう、コスプレウィッグが浮く原因と対策についてご紹介します。

 

 

ネットがしっかり固定されておらずデコボコしている

ウィッグが浮く一番の原因は、地毛をまとめるために被ったネットがしっかり固定されておらず、頭の表面がデコボコしていることです。ネットは、中に均一に髪の毛を入れ込むのが正しい被り方ですが、特に長い髪の場合は、慣れないと均一に入れ込むのが難しいこともあるでしょう。

そんな時は、無理やり詰め込むのではなくちょっとしたテクニックを使います。髪を左右で三つ編みにした後、頭に巻き付けてピンで留めて固定するのです。そうすると簡単にネットを被れます。三つ編みは、できるだけ平らに編み込むのがコツです。短い髪の場合は、均一に髪の毛をネットの中に入れた後、ネットをピンで固定すると、ネットの余った部分もしっかりと固定でき浮かずにウィッグを被ることができます。

裏ワザとしては、締め付け度の高い水泳キャップをネットの代わりに被るのもおすすめです。毛量が多くてもしっかりと抑え込むことができるので便利です。しかし、通気性が悪く締め付け度も高いため、長時間の使用には向いていないでしょう。色も、目立たない色を選ぶ必要があります。

 

ウィッグのサイズが頭に合っていない

ウィッグのサイズが頭に合っていない時も、浮いてしまうことがあります。小さすぎると頭頂部が浮いてしまい、大きすぎると襟足部分が浮いてしまうのです。ウィッグ選びの基本は、頭のサイズと地毛の長さ、地毛の量を基準とします。

しかし、ネット販売などで購入する場合は実際に被って選ぶことは難しいため、サイズを調整できるアジャスター付きのウィッグを選ぶと良いでしょう。アジャスターはウィッグの裏側についているフック付きのゴム製のバンドです。自分にぴったりのサイズの場所にフックを入れ込み、大きさを調整できます。

サイズ調整のポイントは、ずれない程度にしっかりとフィットするように調節することです。あまりきつく絞ると頭頂部分が浮いてしまったり、締め付けの強さによって頭痛を引き起こすこともあります。特に長時間被るときは少し余裕を持ったサイズ調整が必要です。一番小さいサイズのところで調節しても大きい場合は、自分のぴったりのサイズで縫うこともできます。適正な場所にフックを定め縫い付けるだけでOKです。

 

予め対策が施されたウィッグを選ぶ

アジャスターでの調節が面倒であったり、思うように調節できない場合は、伸縮キャップタイプのウィッグを選ぶのがおすすめです。どんな頭の大きさや形にもフィットし、ずれにくいという特徴があります。締め付け度もきつすぎず、長時間楽に装着できるのもメリットです。

キャップ内部に細い針金が埋め込まれているタイプは、ショートヘアのウィッグのもみあげ部分の浮きを解消してくれるのでおすすめです。針金を内側に若干曲げると、よりナチュラルにフィットします。

また、ボブスタイルはウィッグの毛量が多い場合も襟足が浮いて見えることがあるため、内側のウィッグの毛をすくことで改善できることもあります。外側の毛はそのままに、内側だけをすくのがコツです。毛の流れが自然になり、浮きが改善できるでしょう。

 

コスプレウィッグの浮きの原因と対処法、参考になったでしょうか。きちんとかウィッグを被れている人でも、対処法さえ覚えておけばいざという時に役立ちますよね。イベントに参加している間に浮いてきても、ささっと直すことができます。ぴったりフィットしたウィッグで、キャラクターを100%再現してください。