人気のコスプレウィッグを独自のランキング!

コスプレウィッグをグラデーションに染められる?

    

アニメや漫画などのキャラクターのヘアスタイルは往々にして個性的であり、近年ではグラデーションのキャラクターも増加傾向にあります。

好きなキャラクターにより近づくコスプレをする為に、コスプレウィッグを染める事はできるのでしょうか。

 

 

 

 

数回に分けて染めていくとナチュラルな仕上がりに

好きなキャラクターの髪の毛に特徴がある場合、ウィッグを染色しなければならないこともありますが、実際にやってみるとやれないことはありません。

コスプレウィッグはグラデーションに染められますが、それなりに注意をすることもあります。

まず、染めたいウィッグはあらかじめ、キャラクターに合わせてカットをしておくことです。

その方が染めた時にも、色を付けていく範囲がわかりやすくなります。

お湯とバケツを用意して、染色剤とかき混ぜるものも準備しましょう。

バケツにお湯と染色剤を入れてかき混ぜたら、色を付けたい部分までバケツに浸けてすぐに引き上げます

染めすぎて色が濃すぎることの無いように、一度で染めようとはしないで数回に分けて染めるのがコツです。

浸ける範囲ですがあらかじめ広めにしておき、範囲を少しずつずらしてつけていくと、境目のない綺麗な状態に仕上がります。

自分の希望をするカラーになるまで何度か繰り返して、ウィッグをすすいでタオルでの水分オフをして、完全に乾いたら完成です。

 

染料を使用してみると意外に驚く発色の良さ

毛先にかけてキレイなグラデーションを入れた人気キャラクターも増えている現代ですから、それに合わせてコスプレーヤーはウィッグを染める作業が必要です。

専用の染料を使用することでウィッグを染めることは出来ますが、初めての人は驚くように本当に一瞬で染まります。

ポリエステルは特徴的な素材ですが、ポリエステルを使用する割合が多いほど、100%であるほどしっかり染まります

ほんの20秒間ほど浸けただけでもかなりくっきりと色が付きますので、発色が良いことを念頭に置いて作業をして下さい。

そして、素手で作業をすると肌に染色剤の色が付着をしてしまうことがあるので、必ずゴム手袋をつけましょう。

また着用をしている衣類にも飛び散ることがありますので、一度ついたら色は落とせなくなりますから、エプロンを付けたり捨てても良い洋服を選ぶなりします。

染色自体はかなりしっかりと出来ますが、お気に入りの洋服に飛び散ってしまったらがっかりなので、作業時には着る服にも要注意です。

 

お湯で溶かす染料は溶け残しの無いようにしっかりと

お店でオーダーをするまでもなく、コスプレウィッグは自分でグラデーションに染められるため挑戦をすることが出来ます。

染料は熱湯を使用して溶かしますが、もしも溶け残りが生じてしまうと仕上がりがムラになりますので、必ずしっかりと割りばしなどで溶かすことです。

お湯と染料を入れる容器に関しては、大き目のボールやバケツなどを用意します。

利用をするウィッグが入るくらいの大きさが必要であり、たっぷりのお湯を入れますのでサイズにも注意です。

最も薄い色を付けたい場所がきちんと浸かるくらい、余裕を持ってお湯の入る入れ物を利用します。

最初から濃い液を作るのではなく、最初は最も薄いカラーの染め液を作るようにします。

染めるときにはウィッグを上下に軽く揺らしてすぐに引き上げて、希望の濃度まで染めたらお湯ですすぎ、その後は中性洗剤を使用して洗い、乾燥をさせたら仕上がりです。

色を濃くしていきたいのであれば、だんだんと染料を加えていき、しっかりと溶かすことも忘れません。

 

架空の人気キャラクターになり切りたいと考えたらコスプレであり、コスプレウィッグはグラデーションに染められるので、キャラクターになりきることが出来ます。

染めるときにはビニール手袋やエプロンを用意して、洋服に染料が付かないように注意をしながら、希望の色まで染めていきましょう。