人気のコスプレウィッグを独自のランキング!

コスプレウィッグにドライヤーを使っても平気?

公開日:2020/01/15  最終更新日:2020/02/28
    

コスプレをするときに必要不可欠となるのがウィッグであり、キャラクターになりきるためには必須アイテムの一つと言えます。少しでもウィッグを長持ちさせるためには手入れが必要であり、その際に確認しておかなくてはならないのが、ドライヤーは使えるのかという点です。

ドライヤーを使用できるウィッグについて

一口にコスプレウィッグといっても商品により価格や使われている些細に違いがあるように、手入れ方法や注意点にも違いがあります。耐熱ファイバーウィッグなら熱にも強いのでドライヤーも問題なく使うことができ、スピーディーに乾かすことが可能です。

手入れをする方法や流れについて

人間の髪の毛を洗うのと同じようにシャンプーやコンディショナー、トリートメントなどを使用して洗っていき、すすいだ後に乾かすことになります。人間の髪の毛よりもデリケートであり傷みやすいことも理解しておき、丁寧に扱う必要があります。

乾きにくいウィッグが多いのも特徴の一つであり、スピーディーに乾かすためにはタオルドライが重要です。ウィッグからは想像している以上に水分出てくるので、タオルは数枚準備しておきしっかりタオルドライするようにしましょう。最初にいかに水分を取り除くことができたかにより、乾くスピードには大きな差が生まれます。

ウィッグスタンドにタオルを被せてから、形が崩れないように慎重にウィッグをセッティングしましょう。ウィッグの中で乾きにくいのが内側であり、タオルは分厚いものを選んでしっかり水分を吸い取るのが重要です。

タオルドライをした後にはドライヤーを使って乾かしていくことになりますが、その際にはできる限り冷風を使いましょう。適当に乾かすのではなく、ヘアセットを意識しながら乾かすこともポイントとなります。

注意しておくべきポイントについて

耐熱ファイバーのウィッグの場合には温風にも耐えることが可能ですが、そうではないウィッグは熱を使う長持ちするどころか劣化させてしまう原因となります。素材や取扱方法をきちんと確認した上で、最適な手入れ方法を選ぶようにしましょう。基本的にはタオルドライを念入りにおこなうようにし、冷風である程度乾かしてから自然乾燥をさせてください。

ドライヤーで熱を送ることによりウィッグの傷みが目立ちにくくなる効果もありますが、やりすぎると逆効果となってしまうので気をつけましょう。ドライヤーはある程度離して使うのもウィッグを長持ちさせるためのポイントであり、あまり近くで温風の強風で乾かさないようにします。非耐熱のウィッグの場合には、温風は劣化につながるので避けるべきです。

 

コスプレウィッグはコスプレには欠かせない存在ですが、アイテムによりお手入れの方法には大きな違いがあります。耐熱ファイバーのウィッグの手入れでも、お湯の温度に気を付けたり、ドライヤー温風を近くで当てすぎないなど、細かな点にも気をつけてましょう。

ドライヤーを使用することにより、ウィッグのヘアセットができコスプレのバリエーションも増やすことができますが、熱に強いかはあらかじめ確認が必要であり、熱に弱いウィッグの場合にはお湯や温風は使わないようにしておきましょう。