人気のコスプレウィッグを独自のランキング!

コスプレウィッグをコテを使って巻くコツとは?

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/03/02
    

コスプレを楽しむ際は、メイクや衣装などのアイテムを充実させることの他に、やはりヘアスタイルを充実させることも重要なポイントになります。基本的にコスプレウィッグはコテを使用して調整しますが、普段使用しているコテの温度よりも少し低めに設定しておくとウィッグが傷みにくい傾向があります。

大小両方のサイズを揃えておくと便利で作品を作りやすい

現在コスプレがとても流行していますが、全体のイメージをきちんと把握して衣装等を装着することの他に、ウィッグのかぶり方や、ヘアアイロンを使用した髪の流れの細かな調節なども重要になります。コスプレに際に使用するヘアウィッグは、基本的に人毛で作られていない場合が多いため、普段の使い方とは少し違った対応が必要です。

設定温度は少し低めのほうが使用しやすい

人毛のヘアウイッグに使用する際のヘアアイロンやコテの設定温度よりも、少しだけ低めに設定しておくと、ヘアウイッグが傷みにくくなります。また、ヘアケアの際の道具やメイク道具は使用する際に、大小両方のサイズを持っておくと何かと便利です。

全体の印象管理と部分的なケア両方おこなうことが大切 

ヘアスタイルをデザインする際は、大きなコテを使って全体のイメージを作成して、後に小さなブラシやコテを使用すれば、とても動きがある繊細なイメージを作成しやすいです。特に舞台でコスプレをするときよりも、写真撮影を近い距離からおこなう作品製作の際は、分け目の部分の細かなニュアンスなどは手を抜くことができないポイントです。

写真の作品の場合は、実際に目で見るよりもはっきりと状態が写し出されることも多いため、冷静で細かな作業が必要になります。コテをうまく使用すれば、実際に髪の毛が生えているようなニュアンスを伝えることも可能で、細かな部分は小さなコテで作成するのがおすすめです。

大きな道具でも細部は表現できますが、やはり場所や状況に応じて道具を使い分けることで良い作品に仕上がりやすくなり、手間も省けます。さらにコスプレウィッグの場合、ナイロンでできているものも多いため、ヘアアイロン等を使用する際は、やけどに注意しましょう。

特に他人の顔周りのケアをおこなう場合は、温度設定などあらかじめ十分気を付けてください。また、ヘアウイッグをケアする際は、なるべく大きな鏡を見ておこなうと良いです。小さな鏡だと全体像が把握しにくい場合もありますから、全体と細部を両方きっちりと把握することができるサイズの鏡がおすすめです。

 

コスプレをするときは、道具などは大小そろえておくと便利です。ヘアのデザインを作る際は、まずは全体のイメージを把握しておくことが大切で、細部のみにこだわって全体のバランスを失うことのないようにましょう。

そして、実際コテを使用するときは、設定温度は低めに設定するとやけどやウィッグの破損も予防できるでしょう。セットする際はウィッグ全体が見える大きな鏡があるといいでしょう。