人気のコスプレウィッグを独自のランキング!

コスプレウィッグテーピングのコツと注意点

    

コスプレウィッグテーピングのコツと注意点

コスプレウィッグを装着しようと思ったとき、フェイスラインのたるみが気になったことがありませんか?

そのままウィッグをつけて化粧を施したとしても、イマイチはっきりとしません。
コスプレをする人は年々増えており、今では日本国内だけではなく海外からもコスプレイベントへ参加するために足を運んでいる人がいます。
どうせ楽しむなら完成度の高いコスプレで参加をしたいですね。
そんなフェイスラインのたるみを解決してくれるのがリフトアップテープでテーピングをするという方法です。
顔の皮膚をリフトアップさせ、ほうれい線や眼尻のしわ、フェイスラインのたるみなどを目立たなくさせる画期的なアイテムです。
こんないいアイテムならコスプレ以外でも毎日使いたいと思うかもしれません。
ですが、このテーピングにも注意点はあります。

 

貼り方のコツと注意点

テーピングは、顔の皮膚をテープでぐっと引っ張り上げてしまうので、顔の皮膚が伸びてしまう恐れがある
一見するとたるみやしわが改善され、毎日でも使いたくなるアイテムかもしれません。
しかし、このテーピングはさらに顔のたるみを招くことになるのです。
即効性もあって、金額も安く美容整形に行くよりも簡単にリフトアップできるかもしれません。
しかし、皮膚が伸びてさらにたるんでしまうというリスクがあることは覚えておきましょう。
コスプレするときのここぞという時だけ使用するようにしましょう。

人によっては肌が荒れてしまうことがある
特に夏の時期は汗で蒸れてしまい、かぶれなどの肌トラブルを引き起こす原因になります。
肌が弱い人は低刺激のテープを利用し、長時間の使用は避けるようにしましょう。

テーピングのコツ

まず鏡を見ながらこめかみ、耳のうしろを指で引き上げ、気になるところが持ちあがる部分を探しましょう。
テープは基本的に髪の毛で隠れるような場所を選んで貼ります。
ベストなポイントが見つかったら、まずテープを貼る前にアルコール綿で貼る部分をふき取り、テープが取れる原因となる汗や皮脂をふき取りましょう。
ふき取ったら、先ほど探し当てたベストなポイントにテープを貼ります。
皮膚を引っ張りすぎてしまうと、変な皺が出来てしまうので貼る場所には十分注意をしましょう。
テープによっては上からメイクをしてテープを隠すことが出来るものもあります。
どちらのテープがいいかは、自分の好みで探してみましょう。
多くの人はこめかみや耳の後ろに貼ることが多いです。
人それぞれベストポイントは違うので、慌てずじっくり自分のベストポイントを探しましょう。

 

あえてテーピングをして顔を変える人も

アニメキャラクターによっては、釣り目のキャラクターも存在します。
コスプレをする方は完成度の高いコスプレをするため、テーピングをして釣り目を作る人います。
テープも100円ショップやドラッグストアで販売している医療用のテープでも十分です。
医療用テープのほうが肌が荒れにくいものが多いのでお勧めです。

釣り目の場合、目地氏から頭部に向かって斜めに貼り、ネット部分に触っているテープはヘアピンで固定をすると釣り目を維持できます。
たるんだフェイスラインをアップさせるだけではなく、釣り目やたれ目などを作る際にも便利です。
眉間の間から頭部に向かって貼れば、目元が大きくなって一重の人は二重にするメイクもしやすくなります。

○夏場は注意

夏場はテーピングも剥がれやすくなってしまうので、粘着力が強いテープや幅が2.5mmから3mmの幅広テープを使う、テーピングを顔に

貼る前には汗や皮脂をしっかりと取り除き、しっかりと密着させるようにしましょう。