人気のコスプレウィッグを独自のランキング!

コスプレウィッグの簡単なセットの仕方

    

 

コスチュームプレイ、略してコスプレです。
コスプレは映画やアニメのキャラクターになりきることです。
ちなみにコスプレにはウィッグが必要不可欠です。
ウィッグは色んな用途で使われています。
コスプレの場合ならコスプレウィッグと呼ばれるモノでしょう。

 

 

ウィッグは加工しなくては使えない

ただ被るだけでは、ウィッグも帽子と同じです。それにウィッグにも髪型を整えなくてはいけません。
ちなみにウィッグの髪型のセットは案外簡単です。ヘアスタイルのポイントはカットになります。

ただし、髪の毛と違ってウィッグの場合、切ってしまったらそれまでです。なので、いきなりカットしてはいけません。
加工するときはまず、自分の顔に合わせることが必要です。前髪の場合なら、スタンドにウィッグをセットするよりウィッグを装着してカットすると簡単に揃えられます。少しずつ自分の前髪に合わせてカットしていきます。ウィッグだと分かっていても自然な仕上がりが必要だからです。

コスプレは自分自身、楽しまなくては様になりません。なので、自分に合ったウィッグの加工をしなくてはいけません。
だからといって、一気にカットしてしまうと失敗してしまいます。試着をしつつ、最終的に左右を揃えましょう。

 

コスプレのためのウィッグはどうやって作る?

最初にコスプレウィッグを加工する時、必要なモノがあります。
それがハサミとコーム上の櫛、ヘアピンやヘアクリップにヘアゴム、霧吹きです。揃えてから加工を始めましょう。

ちなみにハサミ一つをとってみても沢山の種類があります。例えば、真っすぐカットできるモノや、髪の毛を一部だけ残してカットできるモノもあります。大体、カットしすぎたらその時点でウィッグは使い物にはならなくなります。切りすぎても髪は時間がたてば伸びます。だけど、ウィッグは切ってしまえば伸びることはないからです。なので、カットは一発勝負になります。ぶっちゃけ切りすぎに注意しなくてはいけないということです。ゆっくりカットしましょう。

それでも、切りすぎてしまう場合があります。そこで多少の切りすぎはある程度、ごまかすテクニックが必要となります。極端にカットしたものでなかったら多少、ごまかすことができます。つまり、短くした毛をウィッグの中に引き込んでしまえばいいだけです。ほかにも失敗した場合に対処する方法はあります。とりあえず、対処法を調べてから加工を始めるべきです。

 

ウィッグはメンテナンスも必要になる

髪に手入れしなくてはいけないようにウィッグも手入れが必要です。そこで簡単な手入れ法を覚えておきましょう。
手入れの基本は洗髪です。髪の毛を洗うようにウィッグも洗わなくてはいけません。ウィッグの場合、最初はゴシゴシと洗わない方がいいでしょう。それでもホコリやゴミを落とすことができます。

ちなみにウィッグも抜け毛が出ます。なるたけ抜け毛が出ないようブラッシングしておきましょう。ウィッグの素材はいろいろとあります。素材によっても扱い方が違います。大抵の場合、ぬるま湯や水を洗面器に入れたら専用シャンプーを適量入れてゆっくり押し洗いすることです。普通に髪に使うシャンプーでもいいけれど、専用のシャンプーを使うべきです。
頻繁に使わないウィッグでも洗っておくことが必要です。

洗ったあとはタオルで丁寧に水気を取り、後は自然乾燥してブラッシングします。さらに仕上げを整えるのならシャンプー後に柔軟剤につけこみましょう。仕上げをサラサラにするためには繊維潤滑剤やシリコンと配合成分に記載がある柔軟剤を使うと便利です。1時間つけておくだけでもいいけれど1晩つけておくともっと効果があります。

 

コスプレウィッグは基本的、加工とその後はメンテナンスが必要です。そのまま放置しておけば、毛が絡まったりブラッシングが面倒です。それにウィッグの形状によって扱い方が違います。購入した時はまず、購入説明書を確認しておきましょう。