人気のコスプレウィッグを独自のランキング!

初心者でもできる!DIY感覚でコスプレウィッグを染める3つのポイント

公開日:2017/11/15  最終更新日:2018/05/30
    

DIY感覚でコスプレウィッグを染める3つのポイント

コスプレウィッグは自宅でも染めることができます。
ウィッグを染めることで、自分だけのコスプレウィッグが完成します。
特にグラデーションを作ったり、一部のみに染色する場合には自分で染めた方がいいでしょう。
コスプレウィッグを買うよりも、自分でコスプレウィッグを染めた方が安く済む場合もあります。
初心者でもできるような、コスプレウィッグを染めるコツはあるのでしょうか。
3つのポイントを紹介するので、是非参考にして下さい。

 

ウィッグに合う適切な染色用具を用いる

コスプレウィッグに合う適切な染色用具を用いることが大切です。
一口にウィッグを染めるといっても、染め方はたくさんあります。
例えば、ペンのひとつであるコピックで染める方法や絵の具のひとつであるアクリルガッシュで染める方法もあります。
染色道具にはそれぞれ特徴があり、染まり方にも違いが出るためしっかりと把握したいところです。
例えばヘアチョークには、発色がいいといった特徴があります。
コスプレウィッグを暗めの色に染める際には、発色のいいヘアチョークがよいでしょう。
アクリルガッシュは絵の具のひとつで、少ない量でもウィッグを染めることができるという特徴があります。
したがって、染めたい色をすでに決まっている人や簡単に染めたい人にとってはオススメの道具です。
反対にコピックというペンは、細かい色の変化をつけるときに有効だといわれています。
色を延ばしながら染めるためです。
他にも様々な染色方法があります。
まずウィッグの素材を知り、染色しても過度に傷まないか確認することが必要です。
染めたい色に合わせて、適切な染色道具を選び・用いましょう。

繰り返し染める

コスプレウィッグを染める際に、繰り返し染めることも大切なポイントのひとつです。
たいていの染色道具の場合、一回できれいに染まることはないためです。
繰り返し染めることで、きれいで鮮やかな色に染めることができます。
例えば、染色専用の溶液を用いてコスプレウィッグを染める際には、3~4回ほど染めることで長持ちするコスプレウィッグが完成します。
ただやみくもに染めるわけではないです。
一回ずつ、染めた際にはコスプレウィッグを乾かし、染色具合をチェックする必要があります。
特に少しだけ色を染めたい場合には、一回一回仕上がりを確認しましょう。
染めたい色や用いる染色用具によって、何回染めないといけないのかは変わりますが、最低でも数回は染める必要があるといえます。
少ない回数だと、ウィッグがすぐに色落ちしてしまいます。
コスプレウィッグがぼわっとした色合いになります。

ムラなく染める

コスプレウィッグをムラなく染めることも気を付けるべきポイントのひとつです。
特に全体的にコスプレウィッグを染める際に、一部に色のムラがあると非常に目立ってしまいます。
自然な仕上がりのコスプレウィッグにするためにも、ムラなく染めることは大切です。
ムラなく染める際には、除光液やコットンを用いるとよいでしょう。
除光液はマニキュアをつけるときに使用されるものです。
コットンは化粧水をつけるときに使うようなものでよいでしょう。
あらかじめコットンに除光液をたっぷりと漬け込ませておきます。
そこに染色液もしくはコピックをつけてコットンに色をなじませます。
色のついたコットンを髪に塗っていきます。
すると鮮やかなグラデーションの効いた仕上がりになります。
コスプレウィッグを、ムラを作らずに染めることができるでしょう。
工夫次第で、安い染色用具を用いてもムラがつかずにきれいに染色することができます。
自分の好みの髪色にできるように、適切な道具を用いたいところです。